必要な物件は 確かな腕をもった業者に建てさせる

狭い土地を活用

土地購入費用を節約することで建物を豪華に

狭小地というきちんとした定義はありませんが一般的に15坪程度以下の狭い土地のことを指します。昔ながらの住宅街などでは一方が道路に隣接し残り三方は隣家が境界間近まで迫っているという住宅も珍しくありません。更に前面道路も私道や狭い幅員の道路であるケースも少なくありません。こうした建築する際の条件が良くない土地というのは周辺の土地相場よりも安い費用で購入することが可能です。場合によっては坪単価でみて半値程度まで値下がりしているケースもあるのです。 土地を安い費用で購入することでその分住宅本体の工事費に充てることができます。一般的には設計事務所での建築には多額の設計料がかかるなどハウスメーカーより高額というイメージを持つ人もいます。しかし狭小地や変形地の設計は設計事務所のほうがより有効に土地を利用することができ、快適な空間を作りやすいのです。

狭小地の設計に向いている建築会社

三方が家に囲まれた狭小地に家を建てる際には光の取り入れ方が非常に重要になります。一階、二階、三階という固定された住宅ではなくスキップフロア、中庭など独特の手法を用いることで効率よく建物内に光を取り入れることができます。 こうした狭小地ならではのノウハウというのはハウスメーカーよりも設計事務所のほうが持ち合わせている場合も多く過去の軽経験が豊富な場合も多いのです。ハウスメーカーはは四角い過度の少ない家の設計に優れている会社といえます。一方で設計事務所の場合土地の形状に合わせたデザインをすることができ、極端に言えばカーブを描くことも可能なのです。 更に施工面積が狭い場合には空間を区切るのではなくより仕切りをなくすことで広い空間を演出することができます。ハウスメーカーではどうしても区画を基準に設計されているので設計事務所での建築のほうが向いているといえるのです。