必要な物件は 確かな腕をもった業者に建てさせる

任意売却と競売

一般売却との違いとは

一般売却と任意売却は買い手側から見た場合の違いはありません。任意売却物件は価格が安いということもありませんし、販売情報に任意売却であるということが公表されることもありません。この点においては競売と大きく違っており、任意売却のメリットとも言えるでしょう。競売は市場価格よりも大幅に値下げされるため、住宅ローンの支払いができなくなった時は任意売却を選ぶことが賢明でしょう。一般売却との違いは、売却後にブラックリストに一定の期間、情報が登録されるということにあります。一般売却と違って当初の返済金額を完済する訳ではないため致し方ない事でもあります。それでも競売よりはメリットが大きいので任意売却を選んだ方が良いのです。

任意売却は早めの行動が肝心

住宅ローンの支払いが遅れてしまったら引き落とし口座へ入金をし忘れている時はすぐに連絡をして返済しなければなりませんが、収入が減ったなどの理由で今後も返済が難しいくなった場合は、なるべく早く金融機関へ相談することをおすすめします。状況によっては返済計画を組み直すということもできるのです。もし住宅ローンの返済を遅延したまま放置してしまったら、差し押さえられて競売にかけられてしまいます。競売は安い値段で販売され、競売物件であることも公表されますので近所の人にも知られることになります。この段階に入ると強制ですので拒否することは不可能と考えておきましょう。任意売却は競売を避けるための方法でもあるのです。